ライナーノーツ(楽曲裏話)

今回ご紹介するのは、二曲目に収録される、



You Tube投稿しました!

アリスの歌
(ありすのうた)

です!


2015年にファーストミニアルバムをリリースしてから長らくレッスンを凍結していた時期に作った楽曲なので、結構古いです。

なので、一番最初に曲作りを始めた時と同じ手順である、先生が先にオケを作ってくださった状態で私がメロディを作り、作詞をしました。

当時、10曲くらい収録したフルアルバムを作る予定で、そこに収録されるはずでした。


実はこの曲、一度完成して何度かライブで披露もしてきたのですが、現在歌っているバージョンとタイトルやメロディが変わっています。


一番最初に考えていたタイトルは、

可愛いアリスの可愛い歌

なーんてまどろっこしくて言いづらいタイトルっ!

ですが、この歌はとにかく皮肉皮肉の皮肉祭りな楽曲でして、ちっとも内容は可愛くありません。

テーマは、不思議の国のアリス。
アリスの世界って可愛いけれど、よくよく見ると狂気に溢れているので、そういった部分を再現したくてテーマに選びました。

ディズニー映画の不思議の国のアリスを買ってきてセリフを参考にしたり、自分が思うアリスの世界を考えて作詞をしていきました。

なぜ、“可愛い”、という言葉をタイトルに入れていたのかですが、私の考える不思議の国では、アリスの性格も不思議の国の住民も、全くもって可愛くありません。

だからこそたっぷりの皮肉を込めたタイトルにしてみたのです。

しかし、もちろん先生からNGが出まして…。

英語の方がいいんじゃないか、と言われ、

AlicE

というタイトルで決定となりましたが、自分の中ではしっくり来ていませんでした。

またメロディについても、現在皆さんにお聞きいただいているアリスの歌とAlicEではサビの後半のメロディが変わっています。(詞は同じ)

旧バージョンは、サビの後半が突然高くなっていました。
それがとにかくおかしかったのですが、この時期の私は正直に言ってめちゃくちゃやさぐれていたので、そういった不安定な部分がメロディに如実に出てしまっていたのです。

こうしなさい、と言われたわけでもないのに、フローラやChristmasWonderlandと同じように声楽の発声を取り入れなくちゃいけない、という固定観念があったのだと思います。

AlicEとしてライブで披露するようになりましたが、どうしてもサビの後半が気に入らず…没にしたほうがいいのかな、と思いライブでもあまり歌わなくなっていきました。

それから数年後、レッスンを凍結したままだった私は徐々に前向きになり、Lovemelodyやら黄昏観覧車やらを収録したセカンドアルバムを出したい気持ちに心が向くようになりました。

レッスンを再開した当初は、15曲入りのフルアルバムをリリースする予定で、なんの楽曲を収録するかを考えていた私。

AlicEに関しては、サビの部分が気に入らないけれど、それ以外は、作詞も変わった言葉を選べていたしジャズテーマだし、実はとっても気に入っていました。

だから、サビの気に入らない部分を新しく作り直して収録しよう!と思いました。

そうと決めたら、早速作業へ。

歌詞をそのままに、サビの後半のメロディをオケに合わせて作り直しました。

ただ、旧バージョンのメロディ自体は気に入っていたので、3番のサビのメロディは旧バージョンのままで少しキーを下げています。

他にもちょこちょこと細かいメロディを変えたり作詞を変えたりして、徹底的に世界観にこだわりました。


タイトルもこれを機会に

アリスの歌

と改めました。


可愛いアリスの可愛い歌

を削ってシンプルにしたのですが、歌という言葉を入れたかったので気に入っています。

アリスという女の子を歌った歌ではなく、アリスが歌っているんです。

アリスが不思議の国の住民たちの前で、“歌”で演説しているので、アリスの“歌”としたかったんです。(歌って文字がゲシュタルト崩壊しそう…)

アリスの歌はライブでもとっても盛り上がって頂ける楽曲で、最近は本当にたくさん歌わせて頂いています。

セカンドミニアルバムには収録されませんでしたが、今回花夢幻想の二曲目でみなさんの心を盛り上げます。

アリスの狂った世界、あなたも覗いてみませんか?


(ブログ2022.9.2より転載)


1コーラス試聴

menu