ライナーノーツ(楽曲裏話)

それでは本日も、来週月曜日に発売が迫ったセカンドアルバム、月曜日の昼下りからライナーノーツをお送りします。


今回はこちら!





Christmas Wonderland

(読み くりすます わんだーらんど)



タイトルからお分かりの通りクリスマスソングです⛄🎄✨


この曲もやはり古くて、出来たのは2015年。

ファーストアルバムの発売が11月25日に決まり、12月の中旬にレコ発ライブをすることになりました。

ちょうどクリスマスが近い。
という事で、レコ発ライブでクリスマスソングを披露してはどうか、と先生から提案を頂き制作しました。


ただ、クリスマスソングを披露する、というのは急遽決まった事だったのでとにかく制作期間がシビアでした。


こちらの曲も私の歌として初期の頃なので、まずオケを先生が作って、そこからメロディーと歌詞を私が考える、という流れでした。


この話を頂いた時、すでにオケは出来上がっていたので、次はメロディーと歌詞。

すごく焦った記憶があります。


カノンコードが使用されているのでとても素直で、綺麗。
それでいて静かなオケ……。

恋人たちのロマンチックなクリスマスソング、と言うよりは、童話の世界をイメージしたクラシカルなクリスマスソングの印象を受けました。


クラシカルな楽曲……。

と言えば、この曲を作る一個前に制作したフローラがあります。


これは、声楽の発声を使ったクラシカルクロスオーバー寄りな楽曲です。

宝塚受験のため一時期声楽を習っていた私は、せっかく習った声楽の発声を生かしたいと考えてこの様な曲を作りました。

完全にクラシカルクロスオーバーではありませんが、部分的にそうした箇所を作って、あまり馴染みのない発声でも受け入れてもらいやすい構成にしています。




フローラを作った直後だった、という事もあり、このクリスマスソングにも声楽の発声を取り入れよう、この歌にはそれが合っている、そんな風に思いました。


綺麗で、幻想的で…、神聖な楽曲を。


それらに気を付けて作曲して、修正も挟んで曲は完成。


そのあとは作詞です。

刻一刻とせまるライブ。

とにかく早く作詞をしなければならず、仕事場の社員食堂で作詞をしました。

休憩一時間なので、15分くらいでご飯を食べてあとは45分で作詞……作詞……。


雪とかサンタクロースとかソリ。
たくさんの幻想的で可愛いクリスマスを彩りました。


歌詞も変更点があり、先生のアドバイスで付け足した部分もあり、(最初のstillの部分とか)なんとかライブまでに完成したのです。

ライブで披露して評判も上場でした。

ちなみにこの楽曲は、ライブの前にデモ版のレコーディングを行っています。
これはMVのためです。

2015年の12月23日から26日の四日間だけYouTubeでMVを公開していました。

本来ならこの楽曲はCD化の予定がなく、愛民の幻のクリスマスソングとなるはずでしたが、そこからたくさんの方のお声を頂き、次の年も、その次の年も、毎年クリスマス時期に期間限定でMVを公開させて頂いていました。


そして、去年の11月。
セカンドアルバムに収録するため、レコーディングをやり直しました。

以前までのはほぼ一発録りだったし、コーラスもハモりもいれていません。

なので、しっかり何度かテイクを録って、コーラス、ハモりも付け足して、よりスケールアップした楽曲を作りました。


コーラスはかなり力を入れています。
一番は少なめなのですが、二番からコーラスを増やしています。

なんとなくですが、私は二番から盛り上がる曲がとても好きなんです。

みんなとクリスマスに教会で合唱している、そういったイメージもどこかにあります。
聖歌隊みたいな。
なので、歌声の厚みや深みを大切にしました。


歌声に包まれ……、穏やかに健やかに……。
家族や友達と過ごすクリスマスの夜に、幸あらんことを……。



レコーディングが完成して、去年新たにミュージックビデオを作りましたが、こちらはフル音源です。

そして、通年公開とさせて頂いております。



クリスマスまで少し早いけれど、

どうかあなたにとって素敵な夜、幸せあれ……。


(ブログ2020.10.17より転載)


フルコーラス試聴

Live Video

ライナーノーツ(楽曲裏話)

menu